岡崎城・菰野 日帰り観光

こんにちは。

GWも終わってしまいましたね。
我が家はGW中も通常通りだったので、合間の休日に近場へ出かけました。

GW中は藤の花が見頃ということで、岡崎城の藤まつりへ。
この日は日中は半袖でも大丈夫なくらいの良いお天気でした。

岡崎城はすぐ傍らに大きな乙川があってとても気持ちが良い場所です。


IMG_20190512_121928.jpg

乙川沿いに藤棚がありました。五万石藤と呼ばれているそうです。
岡崎市の天然記念物に指定され、市の花に認定されているそうです。樹齢120年以上の株もあるそうで、凄いです。
GWの終わり頃に行ったので散り始めてはいましたが、和装の髪飾りのようでとても可憐で綺麗な風景でした。


IMG_20190512_121739.jpg

ベンチに座りながらぼーっと藤を眺めつつ、「藤棚がなかったらどうやって伸びていくんだろうね。」と話していました。
その後たまたまニュースで、「野生の藤は周辺の木にギュウギュウ巻き付きついて伸びていくことから束縛、締め付けの木 とも言われている。」というようなことをやっていました(うろ覚えです)。野生の藤の写真を見たところ、可憐なイメージから一変、あまりの締め付け具合に確かにぎょっとする怖さも感じました👀💦


数日後の休日、今度は思い立って三重の菰野方面へ。
以前調べて興味を持っていた" 竹成五百羅漢 "を見に行きました。大日堂という小さなお寺の境内にありました。1800年代中頃にこの地出身の和尚さんによって建立されたものだそうです。像の一部は損失し、現在は四百六十九体あるそうです。
様々な大きさ、表情の石像が一斉に丘に集合していて、なんだか本当に見下ろされているような不思議な気持ちになる空間でした。


IMG_20190512_122144.jpg

ちなみにこちらにも藤棚がありました。
やはり大分散ってしまっており庭師の方が花を落として整備中でしたが、まだ綺麗に咲いている房もちらほら。


IMG_20190512_122041.jpg

この後は、冬にいけなかったアクアイグニスへ行ってきました!実は入浴タダ券をもらったのです。
竹成五百羅漢からは15分程。しかし、到着時にはすでに17時頃で1時間温泉に入り帰宅となりました。期待していたパンやスイーツのお店は17時までとのこと。17時以降でも入浴客のみ温泉施設の方でイートインもできましたが、時間が遅く種類も少なかったため、この日も残念ながら食べることはできませんでした。またいつか来れるでしょうか…😖


IMG_20190512_121636.jpg

ちなみに温泉ですが、露天には小さな竹林もあり、山の稜線とそこへだんだん沈んでいく夕日を眺めながら入ることができ、とてものんびりできました^^ただ、数分おきに涼んでいたのですが、注意していたにもかかわらずのぼせてしまいました。注意書きにも「濃度が高く、倒れる方が多いので5分以上は受からないように。」とのあったので、気をつけねばなりませんね♨
平日に行くと、人も少なめでゆっくり満喫できると思います。

壁のオブジェがちょっとへんてこで可愛かったです。

IMG_20190512_121454.jpg