上高地・金沢旅行② ~白骨温泉編~

こんにちは☁

ここのところ、日記に残しておきたいこと沢山なのですが、なかなかゆっくりPCができません💦

白骨温泉、とっても良いところだったので忘れないうちに記録に残したいと思います。

白骨温泉の名はよく聞いていたので、勝手に行ったことのある下呂温泉や箱根温泉のようなある程度賑やかな温泉街なのかなぁと思っていました。が、実際は上高地から20分程、対向車とすれ違うのもやや困難な細い山道をぐるぐる上っていったところに、いくつかぽつぽつと温泉宿がある感じでした。お土産屋さん1軒程と観光案内所がありましたが、その他は山道を登る脇に宿がそれぞれ離れて点在しているだけの静かな場所です。

最終間近のバスで上高地を下り、17時少し前に麓の沢渡駐車場を後にしました。予定ではそこから白骨温泉に行く前に夕食をとる予定でしたが、googleナビで調べても食事処が近くにほとんどないうえに、沢渡駐車場付近に唯一あるお蕎麦屋さんや食事もできる観光案内所は17時には閉まってしまう様でした。
宿泊先は夕食なしプランで予約してしまったので松本まで戻ろうかとも考えましたが、有名な温泉地だしナビに出なくとも宿付近に食事処ぐらいいくつかあるんじゃないかと甘い予測をしてとりあえず宿泊先に向かいました。しかし到着してみると上記のような状態で予想外でした。

今回宿泊したのは「かつらの湯 丸永旅館」です。一見一般民家のようなこじんまりした懐かしい佇まいです。
玄関にはなかなか大きくて毛並みの長い"てんちゃん"というワンちゃんが出迎えてくれます。私たちが車で宿前を通過するとすくっと立ち上がり大きな声で数回吠えましたが、目の前の駐車場に停めて玄関に近づくと尻尾を振って寄ってきてくれました。最初は威嚇されているのかと思いましたが、まるでお客さんが来たことを宿の人に知らせているよう🐶どれだけ撫でても大人しくて、とってもおりこうさんな子でした。

IMG_20180604_155451.jpg

宿の方もとっても親切で、ダメもとで夕食をこちらで用意してもらえるか尋ねたところ、快く承諾してくれました。
メニューは1種類のみで3000円程と少しお高めですが、産地の食材を使ったとっても美味しくて豪華な食事で大満足でした。1階に広くはないですが畳にダイニングテーブルが並べられた食堂でお客さんの皆さんと一緒に食事をとります。一緒に取るといっても食事の時間帯が決まっているだけで、テーブルの間に目隠しの衝立が立てられているので落ち着いて食事をとることができました。

鯉の甘露煮とお刺身、獅子鍋など
IMG_20180515_183040.jpg

鮎の塩焼き
IMG_20180515_184114.jpg

宿の中も古民家風なのですが、お手洗いなどはリフォームされていて新しく綺麗で気持ちよく使用できました。それぞれのお部屋にお手洗いや洗面(一番広い10畳部屋には洗面あり)はないので、ドライヤーや洗面も全て共同のお手洗い兼洗面所で済ませます。ドライヤー歯ブラシも共同お手洗い兼洗面所に完備されています。私たちの宿泊したお部屋は確か8畳ですが、夫婦二人で泊まるには十分でした。広縁の窓からは木々が見えて長閑で癒されました。

IMG_20180515_180259.jpg

温泉は内風呂は男女別ですが、その先の露天風呂は混浴です。巻く用のバスタオルを追加で一枚貸し出ししてくれます。
貸し切り用の温泉風呂もあるそうで、受付の貸し切り札を持って自由に貸し切りできるそうです。「いつまでたっても貸し切り札が戻ってこない場合は、確保しておくので言って下さい。」とご親切にスタッフさんが説明してくれました。貸切風呂は小さなお風呂で露天はないそうです。どちらも24時間入浴可だそうです♨
温泉も大きくはなく男女それぞれ内風呂一つずつに混浴の露天風呂一つですが、内風呂は壁床一面木で、内風呂の淵は石化した硫黄の層ができており雰囲気がありました。内風呂から続く一本廊下を進むとそのまま露天風呂の湯の中に入ります。お湯にとろみはあまり感じませんでしたが、白濁していて湯の花が舞っていました。説明書きには皮膚疾患や婦人病、胃や肝臓・呼吸器系疾患に効能あり、臓器の血流を良くして機能を高めてくれるそうです。入浴毎にコップ1~2杯湯を飲むとより効果的とのこと。飲むことで腸内環境も良くなり、便秘にも〇。温泉ってすごいですね。

朝食もとっても美味しかったです。温泉の湯のお粥に小鉢が何品もつきました。お粥はほのかに硫黄のかおりがして優しいお味でした。

ちなみにワンちゃんは夜はどなたかの家に一緒に帰る模様。車に乗っていなくなってしまいましたが、朝にはまた玄関で番をしていました。
チェックアウトまで気付きませんでしたが、受付前のロビー?にはインコもいました!👀

とてもくつろげる宿で上高地で疲れて体をしっかり癒せました。
帰りは立つのが名残惜しく…近くの"三十三観音"と"竜神の滝"を見に寄りました。三十三観音は江戸時代の湯治客が有志で建てたのだそうです。滝も澄んだ水が新緑に映えてとても美しかったです。本当に神様でも住んでいそうな山深さで、賑やかな温泉街もいいですが、白骨温泉のような神秘的な温泉地も良いですね。

三十三観音
IMG_20180516_093413.jpg

竜神の滝
IMG_20180516_093801.jpg

またいつかもう一度来たいです。
この後、次の目的地金沢へ向かいました。続きます🚗