くらげと今日のおやつ

こんにちは。

大分日が空いてしまいました💦

今日はまるで真夏のように日差しが強かったです。少しの移動の間日に当たっているだけでもじりじりきて日に焼けてしまいそうでした。
夏は日焼け止めを塗るのがちょっと面倒ですが、緑が生き生きとエネルギッシュで一番好きな季節です。
でもまずはその前に梅雨ですね☔

話は変わり、つい先日、港の緑地公園でぶらぶら日向ぼっこをしていたんです。手すりに身をゆだねて水面をぼーっと眺めていると、水中にぼやぼやとした丸い物体が沢山漂っていました。最初はゴミか何かかと思ったのですが、沢山のくらげが漂っていました。

うっすら白くて透明で、頭?体?の真ん中に4つぐらいの小さな丸が透けて見えて、なんだか綺麗でした。大きさも小さいのから大分大きめのまで色々いました。

くらげって、街中の港にもこんなにいるんですね。野生の生きているくらげを見たのは初めてな気がします。

最初はくらげを発見して興奮しましたが、ふよふよ漂うくらげをまたぼーっと眺めているとなんだかとても癒されました。
常々今度何かに生まれ変わるなら雲なんていいなぁと思っていたんです。難しいことを考える感情もなく、空を漂って世界中を回って眺めていたいなぁと。あとは優雅に泳ぐ魚を眺めているのも好きで、落ち込むことがあったときには魚になって空を漂う様を想像して現実逃避したりしてました☁先日くらげを見ていて、くらげになって空を漂うのもいいなぁなんて想像してしまいました。

IMG_20180428_163903.jpg

またまた話は変わり、昨晩お焼きを作ったんです。副菜になりそうな野菜が中途半端な量しかなく、以前から使い切りたいと思っていた米粉があったので!レシピを見てみたのですが、どれも家にない材料があり、適当にあちこちから抜粋して作りました。

確か…以下自分見直し用の覚書きです。

【材料】
  
 ◆米粉       100g
 ◆小麦粉       30g
 ◆塩        一つまみ
 ◆水         60㏄~

 ◇なす       1本
 ◇小松菜      1/2把
 ◇ねぎ       2/3本
 ◇醤油・酒・みりん 各大匙1
 ◇砂糖       小匙1
 ◇ごま油      適量
 
【作り方】

 ①◆マークの材料を耳たぶの方さぐらいになるように混ぜてひとまとめ、30分寝かせる。
 ②◇の具材を適当な大きさに切り、ごま油で炒めて調味料を加える
 ③寝かした皮を6等分にして、手のひらで広げる。具を中心において包む。手に皮がくっつくので必要に応じ打ち粉をふるう。
 ④フライパンにごま油を引いて、両面焦げ目をつける。
 ⑤焦げ目がついたら水を50㏄程フライパンに注いで蓋をして蒸す。


主人はお焼きというものを食べたことがないらしく、見た瞬間いぶかしがっていました^^💧
感想としては「皮がもっと薄い方がいい。」と。これでも破けそうだったんです😖💨おそらく米粉と小麦粉の配合量がいまいちで触感が良くなかったのだと思うので要改善点です💦あとは具の味付けが皮でぼやけてしまうのでもっと濃いめが良かった様です。

昨晩は残ってしまったので、今日の私のおやつになりました。
私はお焼き大好きなので、またリベンジしたいと思います^^

IMG_20180513_023803.jpg