矢車草観察日記

こんにちは☁

少し久しぶりの日記です。

以前ブログにキャンペーンで頂いたクレマチスの簡易鉢植えセットについて書きましたが、"クレマチス"ではなく"矢車草"の間違いでした(恥💦)植物について全然詳しくない私の頭に何故"クレマチス"なんて花の名前が浮かんできたのか謎です。おそらく包装袋の良く知らない花の写真を見て、どこかで見聞きして記憶の片隅にあった(私にとって)珍しそうなカタカナ文字の花の名前になんとなく結びついたのだと思います…。

さて、矢車草ですが順調に幾つも発芽して成長中です。普段は窓際に移して光合成をさせています。部屋の奥の方に置いておくと窓から入る日光の方に向かって茎の部分が湾曲して伸びていきます。凄いですね!

しかし、ちょっと残念なことがありました。
沢山芽が出すぎたので説明書に従って間引きしたのですが、間引いた芽も植え替えれば無駄にならないんじゃないかと考えました(貧乏性なので💦)。その後の選択が間違いだったのだと思うのですが、100均の植木鉢を買うついでに土も100均で買って使用してしまったんです。根元から間引いた数本の芽を植え替え肥料もやり、数日は双葉の間から新芽が育ちかけたりと成長が見られ「よしよし!」と思っていたところ、急速にしなびれて腐った様になってしまいました。

茎の途中から腐っているものもあり、矢車草は過剰な水分に弱いということを知って最初は水のやり過ぎが原因だと思いました。しかも100均の土は水はけがいいのか悪いのか、水をやると受け皿にダーっと漏れてくるのに土はいつまでたっても限界まで水を吸ったスポンジのようにびしゃびしゃしたままです。しなびた目を引っこ抜いてみると、根は全然伸びておらず黒くなっていました。

慌ててまだかろうじて生き残っているしなびた芽をもとの鉢植えの空いているスペースに植え替えました(汗)その後調べた結果、同じ種でも使う土で成長度が全く違うという記事を見ました。

ですが主人曰く、「100均の土は密度が薄い(フワフワして隙間ができる)から根が張れない。もとぎゅうぎゅうに土を敷き詰めて植えればいいのではないか。」ということで、元気な鉢植えから一本元気な芽が実験台としてぎゅうぎゅうに詰め直された100均植木鉢へ移されました。主人は検証好きです。
私はやはりそもそもの100均の土の質が問題ではないかと思っているので、この子もしなびてしまうのではないかと心配しながら毎日の変化を見守っています。

それにしても、矢車草は茎の部分が頼りなくてハラハラします。元気な鉢植えの芽たちも、葉が伸びて重みが出てきたり、風に吹かれたりするとすぐ明後日の方向に曲がってしまいます💦

とりあえず、当たり前のことなのでしょうが栽培にはやはりいい土が重要であることを実感しました。観察日記、時々つけていきたいと思います。

手前が100均植木鉢です。
IMG_20180325_161034.jpg