静岡車中泊旅行③ ~寸又峡編~

こんにちわ。

静岡車中泊旅行の備忘録続編です。

寸又峡の後は湖上の秘境駅、「奥大井湖上駅」へ。
こちらの駅へは大井川鐡道大井川線の駅で、ダム湖である接阻湖に浮かんでいる島のような無人駅です。私、奥大井湖上駅へは列車じゃないといけないと思っていたのですが、駅と両対岸を繋ぐ鉄橋(「レインボーブリッジ」というらしい)の脇の遊歩道を歩いて行けるんですね!

寸又峡から車で確か約20分程、不動トンネルを抜けてすぐのところに駐車場への脇道があります。駐車場案内の小さな看板が立っていますが、「え?ここでいいの?」というような細い脇道で分かりにくいです。ちなみにGoogleナビでは"湖上駅駐車場"ででてきます。9台分しかない小さな駐車場ですが、平日のせいか、そもそもそんなに観光客が来るところではないのか半分以上開いていました。

駐車場から案内表示に従って徒歩15分程、坂や階段をアップダウンし、レインボーブリッジを渡ると駅に辿り着けます。

レインボーブリッジ
IMG_20180318_193115.jpg

レインボーブリッジからの風景
IMG_20180313_143823.jpg

ちょうど列車が!でも残念ながらSLではありませんでした🚌
IMG_20180318_193218.jpg

駅の後上方には座って待てるようなロッジがあります。そこからの風景。
IMG_20180313_144900.jpg

ずっと行ってみたかった駅なので感激でした。思いのほか徒歩で簡単に辿り着けたので、勝手に想像していた程断絶された駅感はなかったですが、確かになかなか他にはない神秘的な駅でした。もう少し暖かくなって緑が濃くなってきたら、さらに美しいと思います。

続きます🚗